生え際後退したらハゲ対策

生え際後退は放置すると取り返しがつかなくなる?

生え際後退している気がする。そう思って鏡でじっと見ることが増えているなんてことありませんか?

 

 

もし、思い当たるのであれば、早めにハゲ対策を始めないと、生え際後退はどんどん進行してしまう可能性があります。ハゲたくないのであれば、気になる生え際へのヘアケアを始めるようにしましょう。

 

 

 どうして生え際の後退は危険なの?

 

 

 生え際が後退するのは進行型の薄毛の症状であるAGAが起こっています

 

 

 

生え際の後退というのは、男性型脱毛症(AGA)が引き起こされている場合がほとんどです。このAGAが困るのは、そのうち抜け毛が治まり、髪の毛が戻ってくることがないからです。

 

 

AGAは自然治癒することも無く、時間の経過とともに抜け毛は増加していきます。気になって生え際を確認すればするほど悲しいことですが、生え際の後退は治まることを知らないがごとく、進行してしまいます。生え際の後退が始まってから一生懸命にストレスをためない生活を心がけたり、食生活の改善をはかったとしても、それだけでは抜け毛を抑えることはできませんし、ましては薄くなってしまった髪の毛を回復させることなど不可能です。

 

 

 生え際が後退してきたらもう手遅れなのか?

 

 

 生活環境の改善にプラスして育毛剤でのケアを実施する!

 

 

生え際の後退はAGAが関係していることがほとんどだとお話をしてきました。これがどういうことを意味するのかというと、AGAは、男性ホルモンのテストステロンが酵素5α-リダクターゼと結合するとジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンというのが脱毛シグナルを発信し、大切な髪の毛に対して抜けるように指示を出してしまいます。

 

 

テストステロン + 5α-リダクターゼ ⇒ ジヒドロテストステロン ⇒ 抜け毛を引き起こす

 

 

 

 

このサイクルは、ちょっとやそっとのことで止めることができないため、AGAによる生え際の後退が起こりハゲ始めてしまった場合には、この連鎖を止めるためのハゲ対策をしていかなければ状況が改善していくことはありません。


生え際後退に効果的な育毛剤とは?

 AGAによる生え際後退が始まった時の対策方法はあるの?

 

 

 AGAに効果があると評価されている育毛成分を配合している育毛剤で育毛ケアを始める

 

 

AGAに効くとされている成分にフィナステリドというものがあります。この成分を含んでいる医薬品としてプロペシアがあります。本来は前立腺肥大に対する治療薬として開発されていますが、発毛効果があると認められ、AGA治療の際に使われる医薬品となったものです。病院や、育毛クリニックなどで医師に診断をしてもらい、処方されるお薬となります。

 

 

確かに効果が高いとされていますが、その効果とは逆に副作用があるとされています。

 

 

 肝機能障害

 

 抑うつ症状

 

 女性が使うと男性胎児の生殖器に形成障害が起こる

 

 

これらの副作用のリスクがあります。特に女性は副作用のリスクが高すぎるため使用することはできないほどなので、生え際後退してきても使うのをためらうという方も多いのが実情です。

 

 

 副作用を心配することがなく、効果が高い育毛剤はないのしょうか?

 

 

実は、副作用の心配がない天然成分で作られ、プロペシアに引けを取らない効果があるアルガス-2という世界初の育毛成分を配合した新しい育毛剤イクオス(IQOS)が存在しています。

 

 

 

 

育毛剤イクオスは、育毛効果が期待できる有効成分を60種類以上配合、更に育毛効果を高めるためのサプリメントも開発されている優れたものとして、生え際後退で悩む薄毛の方から指名買いされている育毛剤となってます。

 

 

今ならキャンペーン中で、激安価格で購入することができるので、生え際後退を止めたい、ハゲ対策を本気でしようと思っているなら、ぜひチェックをして欲しい育毛剤となっています。

 

 

⇒ 生え際後退が気になる方が選ぶ育毛剤!まずはイクオスの詳細を確認してみよう!