抜け毛の原因と対策方法

抜け毛の原因って何なの?

抜け毛が起こるということ自体は、実は当たり前のことなんです。

 

 

どういうことかというと、抜け毛が起こるもともとの原因というのは新しい髪の毛が生えてくる前に古い髪が抜け落ちる必要があるために起こるものです。

 

 

ですが、抜け毛があった後に生えてくる髪の毛が生えてくる気がしない・・・・そんな状態に陥っているのではないでしょうか?

 

 

 これって一体どういうことなのか?

 

 

 髪の毛が寿命(へサイクル)が乱れて抜け毛が起こる

 

 

髪の毛にも生えて来てから抜け落ちるまでのサイクルがあります。ヘアサイクルと言われるプロセスであり、5年から6年くらいの期間とされます。

 

 

薄毛になっていない人であってもこのサイクルは存在し、髪の毛は自然と抜け落ちているのです。一日に100本くらいは普通に抜けるものです。

 

 

ですが、抜け毛が多くなってハゲている人は、このヘアサイクルが乱れて正常な状態ではなくなっていることが考えられます。どういうことかというと、本来なら成長し続けるタイミングにある髪の毛が成長を止め、抜けてしまうという恐ろしい状況になっているということです。

 

 

 男性ホルモンが活発化して起こる抜け毛

 

 

抜け毛を誘発してしまう原因として、男性ホルモンの分泌が過剰になっていることが考えられます。

 

 

聞いたことがあると思いますが、AGA(男性型脱毛症)という髪の毛が抜けてしまう症状があります。これは、男性ホルモンのテストステロンが増え、5α-リダクターゼという酵素と結合することでジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンに変化してしまうことが原因とされています。

 

ジヒドロテストステロンは、ヘアサイクルを乱し、髪の毛の成長途中で抜けるように指示を出してしまうとんでもないホルモンで、大事な髪の毛が抜けてしまう原因であり、元凶となってしまいます。

 

 

 ストレスが溜まることが抜け毛原因となっている!

 

 

身体によくない影響を与えるストレスですが、抜け毛という問題に対しても関係することがあるというか、髪はストレスに対してとにかく弱いということを知る必要があります。

 

 

 仕事も忙しいし、対人関係で感じるストレスもある

 

 

ストレスを感じることなく生活することは不可能です。このストレスの中に意識できるストレスと、無意識のうちに感じているストレスがあります。抜け毛を起こす原因となるのは、どちらかというと無意識のストレスになるでしょう。

 

 

 

意識できるストレスは嫌になれば自分で回避することも可能ですが、無意識の潜在意識下のストレスは脳内のドーパミンが分泌されて疲れを感じ難くなっている中で頑張るためにどんどん蓄積されてしまいます。

 

 

 生活環境が関連する抜け毛要因

 

 

髪の毛が夜寝ている間に成長していることはご存じでしょうか。夜寝ているうちに血流が皮膚や骨に多く流れ、髪の毛にも血液を通して栄養が行きわたるためです。しかし、夜勤や夜更かしなどで昼夜が逆転している生活をすると髪の毛の成長を妨げるだけではなく、抜け毛が増える原因となってしまうのです。

 

 

また、タバコを吸うと血流が悪くなり髪の毛に栄養が行き届かなくなるという指摘もあります。また無理なダイエットも栄養不足を引き起こしますので、抜け毛が増える原因となるので注意が必要です。


抜け毛を止めるための方法はコレだ!

抜け毛の原因となるのは、主に体質や遺伝によるものと、ストレス、そして生活環境の変化によるところが大きいということです。

 

 

体質や遺伝という要因については、ストレスや、生活環境は完全に自分の思うとおりにすることは不可能でも、できるところまでは自分で調整、対応することができますよね。

 

ですが、遺伝となるとなかなか自分だけで改善させることは難しいため、必要に応じて外部から援助してもらうことも考えましょう。その方法として、早めに育毛剤を使ってみるというのが、実はコスト的にも、自分へのストレスの軽減にもつながる優れたハゲ対策だと思います。

 

 

 

 

⇒ 遺伝に勝つ抜け毛対策!副作用の心配もない評判の育毛剤はコチラ!

 

 

 

関連コンテンツ

 

生え際が後退している!?気になるならすぐハゲ対策を始めよう!